皆様と一緒に宮城県の未来を考える・・・自由民主党・宮城県議会議員・相沢みつやのHPです 
トップページへ 新着情報 プロフィール 基本理念 政策 活動内容 論説 一般質問・討論 メッセージ
活動内容


宮城県議会議員 相沢光哉

平成26年8月15日 宮城縣護國神社英霊奉謝祭

奉謝の辞

 戦後69年目の終戦記念日を迎えた8月15日、宮城縣護國神社では明治維新以来国のために戦い、犠牲となられた本県出身の56,091柱のご英霊に感謝し、その功績を称える英霊奉謝祭が斎行されました。
 その厳粛な神事の中で、田中光彦宮司の祝辞奏上に続いて、宮城縣護國神社責任役員総代をつとめる相沢光哉県議会議員が、崇敬者総代として奉謝の辞を奉読いたしました。神社のお許しをいただきましたので、奉謝の辞全文を掲載しました。ぜひ、ご一読ください。
 なお、当日は約200人が参列し、神楽「みたま慰めの舞」奉奏、「鎮魂頌」合唱、「海ゆかば」斉唱、仙台瀬戸塾の子供達による「教育勅語」奉唱などがあり、正午の時報に合わせ、全国戦没者追悼式のテレビ放映での全員黙祷のあと、天皇陛下のお言葉を拝聴いたしました。
 奉謝祭のようすは、NHKテレビで放送されましたので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。
 終了後、参集殿において記念講演会が開催され、日本政策研究センター代表の伊藤哲夫先生が「日本再生と憲法」について熱弁をふるわれました。

奉謝の辞

 本日茲に、宮城縣護國神社創立110周年・平成26年度英霊奉謝祭が斎行されるに際し、明治維新より我が日本の国運を賭けた数々の戦役に出(い)で往(ゆ)き、勇猛果敢に戦い給へるも、武運拙く戦陣に散り或いは、病に冒され斃(たを)れた、我郷土出身の56,091柱の護國の大神(おおかみ)等の御前に謹んで申し上げます。
 あなた方が、かつて祖国存亡の危機にあたり家をも身をも顧みず敢然と戦陣に赴き、国の御楯として祖国を遥か離れた戦場で、また本土最前線の戦場で戦われ、艱難辛苦の末に命を賭して築かれた尊いその御功績は、今も猶、燦(りん)として輝きその勲功(いさおし)は永遠に消えることはありません。
 我国の今日の平和と繁栄はもとより、東南アジア諸国を数百年に及ぶ欧米の植民地から解放したことは、あなた方の崇高な犠牲により成し遂げられたものであり、私たちはその偉大な御偉業(おおみわざ)を決して忘れてはなりません。と同時に、私たちには我国の歴史、伝統、文化、とその精神を、次の世代に正しく守り伝えていく責務があり、今後も一層努力していかなければなりません。
 あの激しかった大東亜戦争が終わってより早や69年の歳月が流れました。
 畏くも明治大帝の靖國神社御創建時に大御心を示された、御製を紹介させていただきます。

 『我國の為につくせる人々の 名もむさし野に とむる玉がき 』(2回奉唱)

 国の為につくされた人々を、ここ武蔵野の地にこのお社(やしろ)を建て、永遠にお祀(まつ)りするとの思し召しで創始された國神社は、今年で145年になります。
 独立主権国家としての自覚と誇りを再生させる根本となるのが國神社であり、我が国伝統の麗しき國體の精華を表象する神聖な御社(おやしろ)です。
 第2次安倍内閣発足後丸1年を経過した昨年12月26日、安倍晋三首相は「自分の決断」とはっきり語られ、国神社を参拝されました。合わせて境内にある鎮霊社にもお参りいたしました。鎮霊社は、敵も味方もなく、内外の戦没者を祀っており、ここにお参りしたのは歴代総理で安倍首相が初めてです。
 安倍首相は、國神社参拝についての記者団の質問に対し、「御霊よ安らかなれと祈り、不戦の誓いをしました」と語っております。
 国の為自ら犠牲となれた方々を祀り、心から感謝と慰霊の誠を尽くすことは、万国共通の当然の行為であり、さらに二度と悲惨な戦争を起こさない、起こさせないと不戦を誓っているのですから、非の打ちようがありません。
 それを日本の左翼マスコミは、まるで中国や韓国の代弁者であるかのような偏向報道に終始し、「首相の國神社参拝は、日本を世界から孤立させている」と貶めました。さらに、集団的自衛権の憲法解釈や憲法改正問題に関しても、アジアの領土領海において露骨な軍拡路線で周辺国に不当な圧力をかけている国が中国であることを棚に上げ、「再び戦争への道をひた走る日本」と積極的平和主義を掲げる安倍内閣を批判というよりも中傷誹謗し、世論操作にやっきとなっている感があります。
 おりしも今月5日・6日の両日、朝日新聞は自らの紙面で、自社の従軍慰安婦報道を検証した結果、済州島で女性の強制連行があったとする吉田清治証言を虚偽と判断し、記事を取り消し、また慰安婦と関係のない女子挺身隊の混同と誤用を認め、反省を示しました。
 朝日新聞が32年目にしてようやく自らの報道を誤りと認めたこと自体、大きなターニングポイントと言えますが、遅きに失していると同時に、その後の加藤紘一官房長官談話、日韓会議での宮沢喜一首相の謝罪、河野洋平官房長官談話への悪しき連鎖に始まり、今日韓国が世界で展開しているおぞましい従軍慰安婦キャンペーンの端緒となった虚偽報道であっただけに、歴史の真実の追求と共に、我国の名誉を回復するためにも、朝日新聞社の重大な責任を放置すべきではありません。
 さて、去る7月3日、本日参列されておられる多くの方々のご支援をいただき、宮城県議会で「国会に憲法改正の早期実現を求めるための意見書」を採択し、衆参両院議長を始め関係大臣に送付いたしました。これからも、心ある方々と共にGHQに強制された憲法の改正を国民運動として大いに盛り上げ、一刻も早くその実現をはかっていく覚悟であります。
 今茲に、改めて今日の我国の平和と繁栄の礎(いしずえ)となられた御英霊の大前に額ずき、深い哀悼の念と感謝の誠を捧げ、御皇室の彌榮と我国の発展、更に世界の恒久平和に尚一層の御加護を垂れ給わんことを乞い願い、御霊(みたま)永遠に国の鎮めとして神鎮まり給うことを、心からお祈り申し上げ奉謝の詞(ことば)と致します

平成26年8月15日

宮城縣護國神社責任役員総代 相 沢 光 哉
ページトップへ
相沢みつや連合後援会 事務所 連絡先