皆様と一緒に宮城県の未来を考える・・・自由民主党・宮城県議会議員・相沢みつやのHPです 
トップページへ 新着情報 プロフィール 基本理念 政策 活動内容 論説 一般質問・討論 メッセージ
活動内容

〜これからも。ありがとう〜

返礼公演 for 台湾

星空のコンチェルティーノ お琴
附 市民交流合唱『ともに唄おう故郷の歌』

日本の物語制作委員会
〒984−0826 宮城県仙台市若林区若林1-6-38
Tel.022-285-3655〈FAX兼〉
E-mail inter-cultural@jipas.jp
URL   http://j-furusato.com/

御 挨 拶
〜これからも。ありがとう〜 返礼公演 for 台湾
「星空のコンチェルティーノ お琴」


日本の物語制作委員会
返礼公演 for 台湾推進集団
団長 相沢 光哉
(宮城県日台親善協会 会長)
 このたび、日本(ふるさと)の物語制作委員会が企画し、実現に向け渾身の努力を傾注してきた「星空のコンチェルティーノ お琴」の台北市での公演が、多くの困難を克服しながらも、日本・台湾双方の関係者各位の並々ならぬご理解とご支援によって、2015年1月31日、台北市の国立国父記念館で上演される運びとなりました。皆様から格別のご協力を賜りましたことに、衷心より感謝申し上げます。
 公演のサブタイトルに「〜これからも。ありがとう〜 返礼公演 for 台湾」と謳っておりますのは、2011年3月に起こった東日本大震災で、宮城県や東日本の各地が甚大な被害を蒙ったとき、台湾の皆様から、実に230億円を超える義援金を始め、物心両面にわたる最大級のご支援を賜ったことに、日本人の心からの感謝と御礼の真心を演劇と合唱で表現しようとしているからです。
 作品の内容は、台湾の観客の皆様にとって十分理解でき、共感を持てるものと確信します。 登場人物の一人が旧日本軍の台湾兵であることや、演奏が台湾屈指のエヴァグリーン交響楽団であることによって、ひときわ感動が深まるものと思います。
 さあ、希有の情感にみちた時間を、台北市の国立国父記念館大ホールでともに体験しようではありませんか!
ページトップへ
相沢みつや連合後援会 事務所 連絡先