皆様と一緒に宮城県の未来を考える・・・自由民主党・宮城県議会議員・相沢みつやのHPです 
トップページへ 新着情報 プロフィール 基本理念 政策 活動内容 論説 一般質問・討論 メッセージ
いのちを守る森の防潮堤
宮城県議会「いのちを守る森の防潮堤」推進議員連盟について

 平成24年3月16日、宮城県議会2月定例会最終日に、 全会派・全議員が参加した「いのちを守る森の防潮堤」推進議員連盟が発足し、 相沢光哉県議が会長に選ばれました。

 この議員連盟は、横浜国大名誉教授の宮脇昭氏が提唱する「いのちを守る森の防潮堤」の コンセプトを災害復興策として実現することが、震災がれきの速やかな処理、大津波防御への優れた効果、 景観・環境問題に配慮した緑地資産の形成などあらゆる観点から、 災害大国日本が世界に発信できる未来志向型の防災国家づくりに繋がるという、固い信念から誕生した組織です。

 議連発足後、復興庁や環境省など中央官庁に対し強力な要請活動を行ってきましたが、残念ながら官庁や法律の壁が厚く、 「いのちを守る森の防潮堤」構想はばかばかしく進展していない現状にあります。

 しかし、「いのちを守る森の防潮堤」は、災害大国日本のまさに国家百年の計にふさわしいと確信しております。 希望を捨てず、これからも「いのちを守る森の防潮堤」実現に向け、頑張って行きたいと思います。


「いのちを守る森の防潮堤」推進議員連盟の主な活動経過について

平成24年 3月 4日 日本会議「東日本大震災復祈念の集い」にて「いのちを守る森の防潮堤」構想を国会議員団に説明
主な出席国会議員 平沼赳夫(たちあがれ日本)、下村博文、秋葉賢也、熊谷 大(自由民主党)、
鷲尾英一郎、郡 和子(民主党)
3月16日 県議会議員全員(59名、超党派)で発足
・推進議員連盟の発足について(PDF)
・<参考資料>実現するうえで重要な問題点と課題(PDF)
・役員名簿 平成24年度3月21日現在(PDF)
・推進議員連盟会則(PDF)
4月 6日 宮城復興局、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官 都 和子 衆議院議員に陳情、意見交換
4月16日 各省庁及び政党に陳情(復興大臣 平野達男殿、環境大臣 細野豪志殿、農林水産大臣 鹿野道彦殿、
林野庁長官 皆川芳嗣殿、国土交通大臣 前田武志殿、民主党幹事長 輿石東殿)
・陳情書(PDF)
4月20日 同 推進議員連盟セミナー開催
講師「いのちを守る森の防潮堤」構想提唱者 横浜国立大学名誉教授 宮 脇 昭 先生
(於県議会)
5月14日 国会議員有志(阿部和子(社会民主党)、小野寺五典(自由民主党)、斉藤恭紀(新党きずな)、
田中康夫(新党日本))と同 推進議員連盟との意見交換会開催
(於県議会)
5月26日 岩沼市「千年希望の丘」モデル植樹会 参加(推進議員連盟約10名)、苗木 6,000本
参加者 約1,000名
     
千年希望の丘 植樹会 千年希望の丘 植樹会
モデル事業の「千年希望の丘」植樹会でボランティアの人々に説明する相沢県議。
この会には、宮脇 昭 先生、細川 護煕 元首相、井口 経明 市長のほかボランティア約1千人が参加し、6千本の苗木を植樹した。(岩沼市において)
6月11日 国会議員有志(小野寺五典(自由民主党)、斉藤恭紀(新党きずな)、石山敬貴(民主党))と
同 推進議員連盟との2回目の意見交換会開催
(於県議会)
6月21日 同 推進議員連盟と県執行部との意見交換会開催
(於県議会)
7月30日 自由民主党国会議員「いのちを守る森の防潮堤」推進議員連盟と同 推進議員連盟の意見交換会開催
(於県議会)
ページトップへ
相沢みつや連合後援会 事務所 連絡先